歯髄幹細胞セラピー

歯髄幹細胞培養上清液

幹細胞とは

私たちの体の細胞は、皮膚や血液のように、ひとつひとつの細胞は寿命が短く、絶えず入れ替わり続ける組織を保つため、失われた細胞を再生して補充する能力がある細胞を持っています。

同じ種類の細胞ではなく、
別の細胞に変わることのできる能力を持つ細胞を「幹細胞」と呼びます。

再生する力

幹細胞は、皮膚が傷つけられたときに、近くにある幹細胞が皮膚の細胞に変わり、傷の修復を助けることができます。

他の細胞に変わることのできる能力を持つ細胞が幹細胞です。そして、幹細胞は自分が変わるだけでなく、傷の修復をしている他の細胞に対して様々な指令を出します。

指令は成長因子と呼ばれるタンパク質や、エクソソームと呼ばれるカプセルのような形で、幹細胞から他の細胞に送られます。それが目的の細胞の受容体に結合すると、受け取った細胞は、
傷の修復を活発に行うようになります。

ヒト由来歯髄幹細胞培養上清液

幹細胞治療に用いられる幹細胞には、脂肪、歯髄、骨髄、臍帯血、胎盤などの種類があります。

歯髄幹細胞は、歯の中心部分にある歯の神経で歯の硬い層にガードされている為、遺伝子に傷が付きにくく、 良質な幹細胞を多く含んでいます。

この歯髄幹細胞培養上清液は、乳児の脱落前乳歯の幹細胞を培養し、その上清液のことです。

一般的に、脂肪から採った脂肪幹細胞上清液が用いられることが多いですが、歯髄幹細胞の方が、抜け落ちる前の生きた幹細胞であり、

若い生命力のある幹細胞であることから、効果がさらに期待できます。

歯髄幹細胞培養上清とは

歯髄幹細胞から分泌される物質群

歯髄幹細胞からは
成長因子(細胞の成長、増殖を促進するタンパク質)
エクソソーム(細胞や組織に働きかけて生体をコントロールするメッセージ物質)が分泌され、培養上清に含まれています。

細胞を用いない Cell – Free Therapyとして、様々な分野で研究が進んでいます。

成長因子/サイトカイン

歯髄幹細胞培養上清に含まれる物質は、予防医学、健康維持、美容領域など
細胞の増殖や分化を調整する役割を果たし、老化や損傷、組織・細胞の機能を回復へ導きます。

エクソソームとは

エクソソームとは、細胞間相互作用・情報伝達において重要な役割をもつ細胞分泌小胞であり、タンパク質、microRNA、mRNA、成長因子などの分子が含まれ、由来する細胞と類似の機能が備わっている。

幹細胞培養上清に含まれるエクソソーム

エクソソームは細胞間情報伝達を担っている

エクソソームが関わる生理機能

○細胞の代謝・シグナル伝達

○細胞の発生・再生

○細胞接着

○がん進行・がん移転    ・・・など

幹細胞培養上清(エクソソーム)の応用範囲

肌を構成する重要な2つの幹細胞

表皮と真皮の境にある基底膜に表皮幹細胞があります。この表皮幹細胞を作り出しターンオーバーの源になっています。真皮層の線維芽細胞がコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を生成しています。

幹細胞培養上清の皮膚への働き

基底膜にある幹細胞の一種、表皮幹細胞が表皮細胞を作り出しターンオーバーの周期を司っています。

また、真皮層にある線維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成し肌組織を作り出しています。

この線維芽細胞を生み出しているのは真皮幹細胞です。

真皮幹細胞が線維芽細胞を量産し、表皮幹細胞が表皮細胞を量産すれば、線維芽細胞がタンパク質を量産しターンオーバーが短縮し、肌組織は若々しい健康な状態に戻ります。