中東湾岸諸国への進出ポイント

Market Entry Support

Homepage for Union Gulf Services Home page for Alfahim-avenue Group

UAEの首都アブダビを中心とした湾岸諸国のニーズとのマッチングからプレゼンテーションまで、お任せください。 現地の強力なネットワークと人脈を活かした連携により、ビジネスの成功をお手伝いいたします。

近年、日本企業の海外進出も飛躍的に増え、UAEを中心とした中東湾岸地域へのビジネス展開を図る企業も大変多くなってきています。

しかし、企業の海外進出のハードルは高く、特にUAEを中心とした中東湾岸諸国への進出企業では、なかなか上手くいかないのが現状です。

<p>UAEでも多くの企業が進出しているドバイで上手く進出ができなかった原因を、皆さんはお考えになったことがありますでしょうか?

「中東は、お金持ちだから何でも買ってくれそう」「日本の良いものは必ず売れる」

と日本人特有の一方的な思い込みで展開を試みるお会社様がとても多いのが現状です。 それだけでは、決して成功しません。

UAEを中心とした中東湾岸諸国への企業進出で重要なポイントをご紹介しましょう。

大切なのは、中東湾岸諸国マーケットをきちんと理解し、その市場への展開のマッチングができていることです。私は、中東湾岸諸国で13 年以上活動を続け、マーケットの特性の理解はもちろん、市場への展開を握るローカル(現地)パートナーとの信頼関係を築いてまいりました。 中東湾岸諸国と一口に言っても、例えばUAEとサウジアラビアでは市場の特徴が全く違います。

エーアイクリエーションでは、サウジアラビア、UAE(アブダビ、ドバイ)など湾岸諸国進出における、会社の登記から市場調査、ローカル(現地)パートナーの紹介、ジョイントベンチャーなど、貴社の進出のあるゆるバックアップいたします。

UAEを中心とした中東湾岸諸国マーケットでのニーズが高い案件を収集、案件のご相談 展開の適正判断とルートのご提案、プレゼンテーション資料の作成 案件に対してのベストパートナーを探し、ビジネスマッチングを図ります 中東湾岸諸国マーケットへの流通・浸透

Points of Entry

UAEを中心とした中東湾岸諸国への進出ポイントはこれだ!

UAEを中心とした中東湾岸諸国は、国ごとに微妙なニーズの違いがあります。 そのニーズの違いを理解し、どこの国のどの市場に進出するのか、具体的なターゲットを適正を見極めることが最も重要です。

市場の属性や特徴などを見極めるためには、中東湾岸諸国の情勢を常に把握し、企業のニーズに合致したベストローカルパートナーと提携できるかが、最大のポイントとなります。

エーアイクリエーション代表取締役谷口愛は、UAEの首都アブダビでの100%国有企業(UGS:Union Gulf Service)で日本人女性として初めて経営コンサルタントをしております。

現地の国営企業の中で自由に動けるポジションにありますので、現地で必要なあらゆるコネクション・情報提供・案件の発掘、さらには現地企業とのジョイントベンチャーまで手がけることができます。

Points of Entry中東湾岸諸国への進出ポイントについて

Points of Reasons

10年以上かけた中東湾岸諸国での人脈を活用
信頼関係を築いた中だからこそ、本音のニーズを探り、モノ・サービス・技術に最も適したローカル(地元)パートナーを選出。進出に向けたアドバイスやプレゼンテーションのノウハウでクライアントをバックアップします。
市場調査と抱負な情報網
他人に頼ることなく、独自の情報網、自身の足で集めた情報や肌で感じた情報を駆使し、クライアントに有益な情報を提供します。
現地でのバックアップ・フォロー
1 年の内のほとんど中東湾岸諸国と日本の間を往来しております。クライアントの市場参入後も事業継続や定着まで、サポートさせていただきます。新しい情報に基づくご提案や、更なるベストパートナーの模索など、親密なフォローアップをお約束いたします。

The Flow to a Contract

ご契約までの流れ … あなたの会社のこと、製品のこと、技術のこと、詳しくお聞かせください。

お問い合わせ、お見積り ヒアリング ご提案書の提出 ご契約

どのような用件でもかまいません。 気がかりな点やご不明点など、専任スタッフが48 時間以内にお答えさせていただきます。

弊社にてご相談内容をヒアリングし、お客様に合わせたサービスのご提案をさせていただいております。 まずは、社長様やご担当者様のご要望とお考えをお聞かせください。初回相談無料

貴社にとって最も効果的なメニュー、スケジュールをご提案させていただきます。

※大変申し訳ございませんが、弊社のほうでアイデアが思い至らない場合は、ご辞退させていただく場合がございます。

お支払条件や実際のスケジュールを設定し、機密保持契約を含むご契約書の作成、捺印・署名となります。 双方納得の行く形で契約内容を調整します。

ページのトップへ戻る